12月31日 (金)  長文すまそ

昨日に続きくじらをプレイ、無事にくじらの少女シナリオをクリアしました、結末としてはかなりビックリ
でした、何故かというとこのくじらの世界、現実世界では無く睦の妄想のような世界だったからです
まったくこういうオチだとは全く想像しませんでした、ってことでこのお話の謎も結構解けてきました
まず主人公である睦ですが家族誰一人も旅芸人ではないです、これは子供のころの夢の影響で
くじらの世界で睦がなりきってただけです、で次に仁菜先輩のメガネ無しは睦の想像の世界なので
メガネ無しになっただけでしたし優佳先輩は実在しない人、それ以外にもいろいろと謎が解けて結構
嬉しい気分です、ってことでくじらを説明すると

先行版は現実世界の話であり、この先行版の前に睦は紗絵を秘密基地に連れ込み告白まがいを
かまし両思いにさらに花火を一緒に見に行き紗絵の異常に気づかず救急車を呼ぶほどの事態になり
まず1個目のトラウマが発生、さらに先行版で再び紗絵に会うが恐らく花火の時のせいで記憶障害に
おちいり前日のことが思い出せないようになってしまった、けど紗絵はノートに睦が好きってことを
書いて好きということを忘れないで思い出の場所で待っていた、が結局紗絵は大きな病院に、睦は
転校ってことになり離れ離れな状態になるため紗絵は移動中に脱走して思い出の地に行き睦もそこへ
行き紗絵の携帯からなくなっていたしろたまを見つけたあとに倒れていた紗絵を見つけた、でおそらく
紗絵は病院に行き睦も転校、再び安武市に戻ってきたが1個目のトラウマと2個目の紗絵を助ける
ことが出来なかったと思うトラウマを持った状態になっていた、そこへ何かの力か妄想かでくじらの世界
が発生、その世界でトラウマを打ち消していく、そしれ最後は紗絵の復帰でめでたしめでたし

っていう感じだと思われます、何かの力はサーカスですから睦か紗絵のどちらかが魔女の孫とか
ドーナツ好きな天使の力だったり千夏の力だったり(オイ)するかも知れないって感じで思っただけです
と自分の中でのくじらを説明したら長文になってしまったのでこの辺で終わりにしときます